オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

男性が早くイッてしまう早漏はすぐに改善

Q&A

男性が早くイッてしまうのが早漏

早漏とは男性の射精が過度に早くなってしまうことをいいます。
女性の膣内挿入から射精までの時間が30秒や1~3分と言われています。また、女性視点では自分が満足する前に相手の男性がイッてしまう状態を早漏と感じているようです。

パトナーとの関係改善や男性としての自信を持てるように手軽にED(勃起不全)早漏を同時に改善できるスーパーカマグラという製品も販売されています。

早漏の定義はさまざまですが、
第103回国米泌尿器科学会(AUA)の年次総会において、国際的に次のように定義づけられました。

・毎回またはほぼ毎回、膣内挿入前または挿入後1分以内に射精してしまう。
・射精をコントロールできないことで精神的負担を感じている。また性行為そのものを避けている。

挿入後すぐに射精に至ってしまうことはもちろんのこと、挿入前でも自分の意思とは別で射精してしまうと早漏と判断されます。早漏は射精のタイミングだけでなく、男性側が射精に対してストレスを感じている場合もあてはまるのです。

速攻射精の改善方法、ムスコの早漏卒業

彼女、妻が喜ぶ行為時間を得るためにの早漏からの卒業

ムスコのリハビリで射精タイミングをコントロール

射精を自分でコントロールできるようになるためのリハビリとして「ストップ アンド スタート法」という方法があります。
マスターベーション(オナニー)をする際に、イキそうになった時に射精を我慢するトレーニングを行うことで性行為中でも射精をある程度、コントロールを出来るようにします。

実際、イキそうになるのを我慢するのは相当なストレスですが、これが本当に効果的なトレーニングです。射精をしてしまいそうになったときに手を止めて、落ち着いてから再び手を動かす。
これを3回繰り返してから射精します。この方法は一人でできますので、ぜひ一度トレーニングしてみましょう。

医薬品で気持ちから射精を抑える

世界的にはプリリジー(ダボキセチン)という内服薬があり、60カ国で承認されています。
しかし、日本では未承認ですがご利用の場合はネット通販で購入が可能です。
ダポキセチンは射精は脳内の興奮を抑えるセロトニンというホルモンが関与しており、セロトニンの分泌をコントロールする薬で治療することができます。

行為の最中の異常な興奮や緊張を抑えることで、早漏から解放!

日本国内では早漏治療には適応外使用となりますが、同様の作用をするうつ病の薬(SSRIなど)で治療を行われることがあります。

EDと早漏の関係より勃起不全治療薬

ED勃起不全治療薬が早漏の原因を改善してくれ、射精までの時間が長くなる。
これは、バイアグラシアリスといったED治療薬であるPDE5阻害薬を使用することにより、ペニス内の血流が増加し、 ペニスが膨張することにより表皮の神経に刺激が伝わりづらくなるため、挿入時間が延長する効果があることがわかっています。
ED治療薬は副作用も少なく、勃起障害にも早漏にも効果がある薬なので、積極的に使用することをお勧めします。 動脈硬化の予防作用がある可能性もあり、実は体に良い薬なのです。

ダポキセチン(早漏治療薬)とシルデナフィル(ED治療薬)が一体となった「スーパーカマグラ」も販売されています。
このED,早漏治療一体型のスーパーカマグラは国内ではないタイプの医薬品です。

麻酔薬を塗ってムスコを鈍感で早漏改善

ムスコを鈍感にすることにより、気持ち良過ぎて来る早漏をの改善できます。
これはムスコの皮膚に麻酔の作用のある「リドカイン」などが配合された軟膏やスプレーを使います。ムスコに麻酔を塗ることでムスコの皮膚の感覚が麻痺させるので、女性に挿入しても気持ちよさが鈍く伝わるため、射精までの時間が延長します。
これは、感覚を麻痺する薬をムスコに塗るので、挿入した女性器でも同様に感覚が鈍くなる傾向があり、早漏防止として女性の気持ちよさが半減するので、本末転倒なお薬かもしれません。
女性側の影響が良く分かってないので、あまりお勧めできないかもしれません。

厚いコンドームのムスコをハード保護

女性の中が気持ちよ過ぎるのですから、感じにくくするために男性を厚く保護すればよいのでしょう。

 

 

最近は0.01mmといった薄いコンドームは当たり前ですが、逆に早漏用のコンドームとして「ゴクアツ」というコンドームがあります。文字通り、厚さを持たせたコンドームである、ゴクアツは0.1mm、スーパーゴクアツは0.12mmと一桁違う厚さとなっています。
こちらは男性側は快感も伝わりにくくなりますが早漏気味の人には丁度良いかもしれませんが、適度なゴムの厚さを見つけるのが、少し手間なのかもしれません。

あまりゴム厚すぎると早漏は解決できても、いつまでもイケなく終わってしまうこともあるようです。ED気味の方は注意が必要なようです。

早漏で早くイッテしまう3つの原因

早漏は女性経験が少なかったあり、精神的な問題が何かのきっかけで射精に影響してしまうなど、いくつかの原因が考えられています。

①衰弱性早漏
②過敏性早漏
③心因性早漏

①衰弱性早漏
年によります。年齢を重ねることで起こる早漏です。
一定の年齢を過ぎると挿入時間が短くなるのは衰弱性早漏を発症しているからです。

②過敏性早漏
ペニスが刺激に敏感である場合に起こる早漏です。
特に経験が少なかったり、普段から亀頭が覆われている包茎の人に多く見られます。

③心因性早漏
ストレスやトラウマからくる早漏です。
性行為に対する精神的負担はもちろんのこと、社会生活や私生活での悩みも早漏に繋がります。

早漏の原因を引き起こす要因はさまざまであり、男性なら誰しも早漏になる可能性があります。

早漏となる速攻射精の3つの仕組みの違い

早打ちガンマンのタイプ中の「過敏性早漏・心因性早漏・衰弱性早漏」はそれぞれ早漏となる仕組みが異なります。

・衰弱性早漏(すいじゃくせい)
射精をコントロールする際には「射精管閉鎖筋」という筋肉を使いますが、年齢とともに筋力が落ちていき、コントロールができなくなります。

・過敏性早漏(かびんせい)
ペニスが刺激を感じやすく、少しの刺激で射精中枢が反応して射精に至ってしまいます。

・心因性早漏(しんいんせい)
精神的負担により交感神経が活発になり、脳が興奮状態になることで射精の我慢が効かなくなります。

女性の中でも強く我慢できるようにする方法

早漏の改善方法はいろいろあり、原因によっても対策が変わってきます。
自分でできる対策や、パートナーや専門医とともに行う対策、医薬品を使用する対策などがあり、自分に合った改善方法を試してみましょう。

衰弱性早漏(すいじゃくせい)

射精を調整する筋力の衰えによって起こる衰弱性早漏は、筋力をUPすることで改善可能です。
射精管閉鎖筋は直接的に鍛えることは難しいため、PC筋の筋トレがオススメ。
PC筋とは尿道や肛門からの排泄をコントロールする筋肉であり、勃起時にも必要な筋肉です。

肛門をキュッと締めたり緩めたりすることで鍛えらます。
5秒締めて5秒緩めるスタンダードトレーニングや、キュッキュッとテンポよく締める瞬発力トレーニングが効果的です。

PC筋は射精管閉鎖筋の近くにあるため、PC筋を鍛えることで自然と射精管閉鎖筋も鍛えられます。

過敏性早漏(かびんせい)

ペニスの敏感さが原因の過敏性早漏。
改善方法は大きく分けて2つあります。

1つ目が刺激に慣れる方法です。
ストップ・スタート法やスクイーズ・テクニック法などがあります。
ストップ・スタート法は自慰行為によって行う方法。
自慰行為をしながら快感を感じ、射精が近くなったら手を休め、射精の波が落ち着いたら再度自慰行為を再開します。

スクイーズ・テクニック法はパートナーに協力してもらい行う方法。
4段階に分けて刺激を強くしていきます。
・1段階目はパートナーにペニスを触ってもらいます。
・2段階目はパートナーが上位から主導となり挿入を行います。この時は挿入のみで動きません。
・3段階目はパートナーを上位にしたまま男性のみが腰を動かします。
・4段階目はお互いに横になり、男性が後ろからパートナーへと挿入します。

ストップ・スタート法やスクイーズ・テクニック法は刺激に強弱をつけたり、刺激に段階をつけたりすることで慣らしていきます。

2つ目は刺激を感じにくくする方法です。
リドカインを有効成分に配合している塗るタイプの早漏改善薬を使用します。
リドカインは医療現場でも使用されている局部麻酔薬の成分です。
ペニスに塗布することで塗った周辺の感覚を鈍くしてくれます。

心因性早漏(しんいんせい)

ストレスやトラウマによって起こる心因性早漏の改善方法は2つあります。

1.カウンセリングで専門家に相談。
早漏の理由は心からくる場合もあります。つかみどころの無い原因が一番難しく、人それぞれ根本原因が違っていたりするのも改善の難しいところでしょう。
また、人にストレスやトラウマを話すこと、聞いてもらっただけでも「悩みが解消したり」して早漏が一気に改善することもあります。専門医だけでなく、心を許せる人に話を聞いてもらうのもいいでしょう。
この時、根本的なストレスやトラウマを話したくないという人は、早漏である事実を打ち明けるだけでも余計な負担が減ります。
早漏を改善するオクスリなどを使用して性行為に自信がついて気持ち的に楽になって結果として早漏が改善するなどもあるので、並行して早漏改善を行うこともオススメできます。

2.内服タイプの早漏改善薬の使用です。
心因性早漏では、精神的負担から脳が興奮状態に陥り射精をコントロールできなくなります。
早漏改善薬は幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの脳内量を増やす働きがあります。
セロトニンは興奮を落ち着かせる作用があり、射精をコントロールしやすくする手助けをしてくれるのです。
特に性行為のトラウマによる早漏の場合は、成功体験を重ねることが重要です。
まずは早漏改善薬を服用して長く挿入できるという実感を得ることで、トラウマを克服して治療薬なしでの長い時間の挿入が可能となります。

これらの製品は男女競技の一種のドーピング薬かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました