オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

ロシア放射能汚染の危険性でヨウ素剤の高需要へ

Q&A

ロシア軍がウクライナで攻勢を強める中に原子力発電所が攻撃されて何度か放射性物質が放出する危険性が出ている。また、ロシアの核爆弾の使用の危険性がが高まり、ヨウ化カリウム(ヨウ素剤)に対する需要が激増している。

これは、もし緊急事態で放射能が大気中に漏れる事となれば、大量の有害な放射性ヨウ素が大気中に放出され、呼吸を通じて肺に入ったり、水や土壌、動植物が汚染されたりする恐れがある。

ヨウ化カリウム(ヨウ素)自体は無害で、また人体が必要とする重要な化学物質です。
ですが、放射能から出る「放射性ヨウ素」は首の前部にあるホルモン分泌器官の甲状腺を傷つける可能性がある。本来は必要なヨウ素なので、自然界にあれば自然とヨウ素を吸収してしまうのですが、これが有害な放射性のヨウ素の場合も同様に吸収してしまう事態になってしまいます。

きな臭い世の中ですので核への準備

これは、ウクライナ人やロシア人だけでなく、日本は原子力発電所での放射能漏れの危険性などもありことから、危機意識が高い人は予め準備をしているなどもあり、多くの需要につながっているようです。

ヨウ素(Potassium Iodide)
ヨウ素(Potassium Iodide-ヨウ化カリウム)でヨウ素補充の効果・効能 甲状腺腫(甲状腺機能亢進症を伴うもの) 下記疾患に伴う喀痰喀出困難 慢性気管支炎、喘息 第三期梅毒 放射性ヨウ素による甲状腺の内部被曝の予防・低減 ヨウ化カリウムの有用成分はヨウ素です。ヨウ素が欠乏した場合、胎児に重大な神経発達障害や発育遅延を引き起こす恐れがあります。妊娠中は各栄養素の必要量が増えるため、ヨウ素欠乏に注意が必要です。 また、大豆やキャベツ、カリフラワーなどはヨウ素の取り込みを阻害する甲状腺腫誘発物質を含むため、ヨウ素欠乏のリスクが高いとされています。 ヨウ素は、身体の中で甲状腺ホルモンの材料となります。そのため、ヨウ素が不足すると甲状腺ホルモンが不足し、身体の健康がおびやかされます。ヨウ素を余分に摂取した場合、尿中に排泄されます。この仕組みを利用して、原爆事故などで放射性ヨウ素が身体に取り込まれても速やかに排泄されるよう、被爆後すぐに安定ヨウ素剤を摂取する方法が医療機関で用いられています。 製薬名 : ヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤) 成分名 :...

*海外ではヨウ素剤はサプリのモノから市区町村で配布する地域もあります。

ヨウ素剤は、液体や錠剤を指示通りに服用すれば、甲状腺を飽和状態にさせ、放射性ヨウ素の吸収を防ぐことができる。

米国で販売が認められているヨウ素剤の大手メーカーは、ロシアの軍事侵攻に伴いここ数週間で在庫が激減した。

意識が高い人が購入しヨウ素剤の価格が高騰

ヨウ素剤の市場への供給は枯渇気味で価格が急騰しているようです。
元々、通常的にヨウ素サプリメントなどを販売していた通販サイトでは欠品状態となっているようです。

一時的な状態でもあり一定の数が普及すれば落ち着くと思いますのが、一部の業者によって買い占めされて、本当に必須のロシアやウクライナなどでは高額で販売されているようです。
同時にロシアからの攻撃の可能性を危惧している欧米の意識が高い人からも、ヨウ素剤は2月中旬から注文が殺到するようになっています。世界中の個人や再販業者、病院、自治体、政府機関などから最大で1500万錠の注文が入っているという。

ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)
ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)とは? ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)は、ヨウ素の補充を目的としたサプリメントです。32.5mg中に25mgのヨウ素が含まれています。 1日に必要なヨウ素の約200倍(0.15mg/日)の容量です。ヨウ素は特別な栄養素ではありませんが不足することで健康に支障をきたす恐れがあります。また、原発からの放射能を浴びることでの病気や障害を回避することができる、または必須の栄養素とされています。原子力発電所等は、事故が発生した場合、放射性ヨウ素を含む核分裂生成物を環境中へ放出することがあります。核分裂生成物のうち放射性ヨウ素が、呼吸や飲食品を通じて人体に取り込まれると、甲状腺に集積し、放射線被ばくの影響により数年~数十年後に甲状腺がん等を発生させる可能性があります。原発などからの甲状腺被ばくは、安定ヨウ素剤を事前に服用することによりも低減することができます。 また、放射性ヨウ素が体内に取り込まれた後に安定ヨウ素剤を服用しても効果は極めて小さくなるため、そのためにもヨウ化カリウムは使用されて...

プーチン(ロシア)が核兵器を使ったら

もし、ロシアが核兵器を使ったらという危機意識需要で欧米でのヨウ素の需要が高まり危機意識が高い人たちからの購入が増加している。
まさか、さすがプーチンがが核兵器を使用するわけはないと日本人なら思うのでしょうが、実はプーチンが核兵器を発射してしまう可能性が十分にあるというのが欧米諸国では主流な考え方なのかもしれません。
また、核ミサイルの発射する目的地としては欧米がありえる点ですね。

1.核兵器には「戦略核」と「戦術核」の違いがある。

・この2つの違いにおいて「戦略核」は広島、長崎に投下された大規模なモノ。これはさすがに使用はしないと考えられている。
・もう一つの「戦術核」は、簡単に言うと小型化してものです。威力は弱くしているがウクライナを一気に廃墟とする能力は十分に持っているので、最後の手段として考えられる兵器かもしれない。

2.プーチン死亡時の核ミサイルの発射

・「核のボタン」ではなくプーチンなどが死んだときに自動的に核兵器が一斉に発射される。
   技術としては十分に可能なことで、プーチンの心音や脳波が止まった時に一斉に核ミサイルが事前にセットされた標的に発射される。
死んだら関係ないですが、アメリカなどへの報復としては考えられないわけではない。

プーチン氏がとれる選択肢は狭まり、切り札がなくなりつつあるのも事実。冷静な判断力を失えば、どういう暴挙に出るか予測できないという怖さもある。

考えられなくもない物語ではあるが、危機感を持つ人が核シェルターやヨウ素剤などに手を出すのも理解できるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました