オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

レビトラ20㎎

ED(勃起不全)
レビトラ20㎎はこちら

レビトラ20㎎とは?

レビトラはバイアグラの登場に続きドイツ・バイエル社から発売されたED治療薬です。
2003年には米国FDAから承認を受けました。日本ではバイエル薬品(株)より2004年に厚生労働省の承認され販売が開始されています。
今までバイアグラ等を飲まれても余り効果がなかった方、糖尿病患者や前立腺ガン手術経験者など、難治性ED患者にも有効とされています。バイアグラは食事の影響を受けやすく効果がないという場合の失敗は食事のタイミングによるモノが多く見受けられます。しかし、このレビトラは食事での失敗がすくないとされています。レビトラの名前は、フランス語の冠詞で「男性」をあらわす「le」意味とラテン語の「生命」をあらわす「vitra」といった意味に由来してます。

製薬名 : レビトラ / LEVITRA 20mg
成分名 : バルデナフィル / Vardenafil
内容量 : 4個1箱からのお取り扱い
製造元 : バイエル薬品 / BAYER

レビトラ20㎎における効果・効能

レビトラは、服用後15~30分後に効果出現し、4~8時間効果が続きます。アルコールは、適量なら影響を受けず、食事の影響は、ほぼ無いと言われております。ただ、空腹時に服用いただいたほうが、やはり効果が出やすくなります。レビトラは、バイアグラと比較して勃起時の固さはやや劣りますが、効果発現までの時間が短いく、食事の影響を受けにくい、副作用がバイアグラよりやや弱いなどの利点があり、特に若年から中年の方に人気があります。
バイアグラとは少し違う使用感があると語る男性が多いのが特徴です。レビトラファンを他のED薬に浮気しないのも有名で、その由縁は独特の使用感からといわれております。効果のでる確率は85%以上といわれております。糖尿病を合併している患者さんや前立腺がんの手術を受けられた患者さんにも高い有効性が認められていると言われています。併用禁止のクスリが他のED薬に比べ多めとなります。

レビトラの副作用・注意事項に関して

レビトラは性行為の30分~1時間前に服用してください。 多少の飲酒は問題ありません。満腹だと効果が落ちるので、食事をしたら30分以上あけてから服用してください。副作用として、「顔のほてり」「目の充血」などがあります。その他に「軽い頭痛」などもございます。
これは血管を広げる作用によるものであり効果の現れた証拠でもあります。 その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」「不快感」や光に過敏になり色が変化して見えたりする「視覚異常」などがありますが、4~6時間で症状が収まるようであればあまり気にする必要はありません。
ほとんどバイアグラと同じですが、副作用の程度は軽く一時的なものです。

レビトラの販売中止について(2022年)

レビトラは既にメーカーのバイエル薬品株式会社より販売を終了するとアナウンスをしております。
ですのでレビトラは現在、市場に出回っている分で終了となりますので今後は正規ジェネリック品の「バリフ」などへの切り替えをご検討ください。

レビトラは何度か販売を中止と再会を繰り返しており、今回のアナウンスも「次回以降の生産および入荷のめどが立たないため」としています。現在、ED治療薬はバイアグラ、シアリスの2択の面もあり、正規品のジェネリック品も安心できるため、実際は経営的な問題での販売終了なのかもしれません。

レビトラの個人輸入・処方に関して

レビトラの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

レビトラは海外からの発送になりますが、日本国内における海外からの医薬品の輸入は一部制限を除いて基本的に自由に行えます。 しかしながら、発送元の国では政府からの厳しい審査を受けて輸出許可を得ていますので、信頼がおける個人輸入代行でしたら問題なく安全にレビトラを輸入できるはずです。

個人輸入代行に関しましては、「三越屋(みつこしや)」が責任をもって正規品を、お客様のプライバシーも考慮した配送方法を選択しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました