オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

リフタ20㎎

ED(勃起不全)
リフタ20㎎はこちら

リフタ20㎎とは?

リフタはシアリスの正規のジェネリック薬品としてインドの「アブディ・イブラヒム社」から発売されています。アブディ・イブラヒム社社は大手製薬会社として日本でも支社があり実績と信頼がる医薬メーカーです。 リフタは先発薬のシアリスは日本では2007年に厚生労働省の承認を受け販売されている実績がある安心できるオクスリです。 新薬ですと発売されたばかりですと、予期しない副作用が発見される場合がありますが、20年近くの実績があります。リフタの成分はED治療薬の中でも特殊で、最大36時間にも及ぶ持続時間の長さから『ウィークエンド・ピル』と呼ばれている人気の高いED治療薬です。リフタの成分は世代的んは最新のED治療薬でヨーロッパでのシェアはすでにバイアグラを超えている人気のED治療薬です。

製薬名 : リフタ / lifta 20mg
成分名 : タダラフィル / Tadalafil 20mg
内容量 : 4個1箱からのお取り扱い
製造元 : アブディ・イブラヒム社 / ABDII BRAHIM

リフタ20㎎における効果・効能

リフタは、服用後1時間後に効果出現し、24~36時間効果が続きます。アルコールや食事の影響は受けないとされています。最大36時間もの長時間の効果作用と、糖尿病合併のEDの方にも有功であり、安全性が大きいのが人気の秘密です。長時間の効果持続で、飲むタイミングを気にせず、前もって内服しておくことが可能です。今までにない自由度の高いお薬ですので、自然体での性行為が可能になり、服用のタイミングなどED患者さんのプレッシャーを失くす最新のED薬です。バイアグラやレビトラに比較すると、勃起時の固さは劣りますが、固くなりすぎないので、感度が鈍らないということや、副作用が3剤の中で一番弱いという利点もあります。食後の性交渉や、1泊旅行にお出かけの際などには特に便利です。効果のでる確率は90%以上といわれております。発現時間が3剤の中でやや遅めになります。

リフタの副作用・注意事項に関して

リフタの一般に言われる副作用は下記の通りです。 副作用の中で、最も一般に報告される副作用は「偏頭痛」で、他は「消化不良」、「めまい」、「鼻水/鼻づまり」、「腰背痛/筋肉痛」などがあります。 リフタの服用は、性行為の30分前から12時間前以内に服用します。リフタは食事の影響を受けにくいといわれますが、バイアグラ、レビトラ等と同じく空腹時が吸収がよく早く効きます。 リフタは最高容量の20mgとなっておりますので、少量からスタートされたい人は錠剤を分割してご利用ください。 *お薬(錠剤)を分割しても良いのでしょうか?

リフタの個人輸入・処方に関して

リフタの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

リフタは海外からの発送になりますが、日本国内における海外からの医薬品の輸入は一部制限を除いて基本的に自由に行えます。 しかしながら、発送元の国では政府からの厳しい審査を受けて輸出許可を得ていますので、信頼がおける個人輸入代行でしたら問題なく安全にリフタを輸入できるはずです。

個人輸入代行に関しましては、「三越屋(みつこしや)」が責任をもって正規品を、お客様のプライバシーも考慮した配送方法を選択しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました