オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

フィンペシア1㎎

AGA(薄毛)
メガリス10㎎はこちら

フィンペシア1㎎とは?

フィンペシアは世界でも有数の大手のジェネリックに特化した「シプラ社 」が製造販売するAGA患者向けの薄毛治療薬です。フィンペシアがAGA(薄毛)に効果が発見される元々は前立腺治療薬(プロスカー)として生まれました。その後、薄毛治療にも効果があるとして正規ジェネリックのフィンペシアが発売されました。フィンペシアはプロスカーと同じ成分・用量の「フィナステリド1mg」を含有しております。「フィナステリド」の主たる効果は抜け毛防止効果であり、特に男性向けの薄毛を改善するオクスリとして高い評価があります。 日本皮膚科学会も高評価のフィンペシアの成分(フィナステリド)は、薄毛専門クリニックでも第一に選ばれる治療薬です。

製薬名 : フィンペシア 1㎎ / Finpecia 1mg

成分名 : フィナステリド / Finasteride

内容量 : 150錠1箱からのお取り扱い

製造元 : シプラ / cipla

フィンペシア1㎎の効果・効能

フィンペシアは有効成分をプロスカーと同じ「フィナステリド1mg」とするプロスカーのジェネリック医薬品です。 AGAは男性型脱毛症ともいい男性特有の薄毛の原因は、毛包の矮小化と毛周期の短縮化にあります。毛包が矮小化すると細く弱々しい毛髪しか生えてこなくなり、毛周期が短縮化すると毛髪が長く生え揃わないうちに抜け落ちてしまいます。したがって、年月の経過と共に薄毛が目立ってくるのです。フィナステリドを服用することで、この毛包の矮小化・毛周期の短縮化を防ぎ、正常な状態に戻すことが可能となります。
つまり、男性特有の毛髪が抜ける原因を抑制することで薄毛の抜け毛を予防する効果が非常に強くなっています。
何も対策をせずに脱毛をほおっておくと確実に薄毛は進行していきます。脱毛対策の第一歩としてフィナステリドを選択し、脱毛抑制から始めるのが男性型脱毛症治療の王道となります。

フィンペシア1mgの副作用・注意事項に関して

フィナステリドの一般に言われる副作用は下記の通りです。 性欲減退、勃起機能不全、頻尿、頭痛、腹痛、下痢等 10%以下の人にこれらの副作用が起こるようです。
服用を止めれば副作用もなくなります。男性機能に対しての副作用は医学的には根拠のないことだといわれおります。
*おそらくAGA治療を開始する年齢との因果関係ではとも予想されており、直接の副作用ではないようです。

殆どの副作用は大きな問題ではありませんが、それでも妊婦や子供が触れることは特に注意が必要です。成分のフィナステリドは少量でも妊娠(胎児)や子供が重大な影響となる可能性があります。ですので 妊娠している女性や子供が周囲にいる場合は、フィナステリド系医薬品の取り扱いは慎重におこなってください。

フィンペシア1mgの服用方法

 フィンペシアの成分であるフィナステリドはAGA治療に用いられる最大量は1日1mgとされています。1㎎を最大量としているのでフィンペシアを半分の0.5mgを朝晩服用するのをお勧めしている人もいますが通常は分割せずに服用で大丈夫です。 (参照:お薬(錠剤)を分割しても良いのでしょうか?
服用のタイミングは食前・食後を問いませんが、規則正しく毎日1mg程度を服用し、継続することが望まれます。これは血液中のフィンペシアの成分濃度が常に一定となるのが一番効果が高いと考えられているためです。
服用量として1㎎/日以上を飲んでも効果にはさほど影響がないことが分かっています。これは、フィンペシアは長い実績と多くの研究者やフィンペシア愛用者からも知られています。 それよりも必要以上の服用は予期しない副作用など健康上よくございませ。 また、錠剤をカットする場合に破片粉が出ますが、絶対に女性や子供が手に触れたり、飲んだりする事が無いようご注意ください。
*フィンペシア1㎎は医薬品ですので医師や薬剤師の指示通り服用ください。

フィンペシア1mgの副作用の初期脱毛について

フィンペシア1mgには、初期脱毛という副作用があります。
初期脱毛とはヘアサイクルを整えるために行われる副作用で、元気のない髪の毛を抜けさせて強くてコシがある髪の毛が生まれてくるようにするのです。
飲み始めてから3ヵ月目に初期脱毛を生じる人が多く「飲んだのに抜けた!」「偽薬だ!」と勘違いしがち。
フィンペシア1mgは、初期脱毛がある薬ということをきちんと把握しておきましょう。

フィンペシア1mgの個人輸入・処方に関して

フィンペシア1mgの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

フィンペシア1mgは海外からの発送になりますが、日本国内における海外からの医薬品の輸入は一部制限を除いて基本的に自由に行えます。 しかしながら、発送元の国では政府からの厳しい審査を受けて輸出許可を得ていますので、信頼がおける個人輸入代行でしたら問題なく安全にフィンペシア1mgを輸入できるはずです。

個人輸入代行に関しましては、「三越屋(みつこしや)」が責任をもって正規品を、お客様のプライバシーも考慮した配送方法を選択しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました