オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

アボダート0.5mg / Avodart

AGA(薄毛)
メガリス10㎎はこちら

アボダート 0.5mgとは?

アボダートは有効成分にデュタステリドを0.5mg含有する経口の脱毛症治療薬で、頭全体の薄毛に効果を発揮する抜け毛防止タイプのディタステリド配合の医薬品です。有名なAGA治療薬「ザガーロ」と同じ成分が含まれています。プロペシアなどフィナステリドタイプと比べても効果が強力なのが特徴です。アボダートはプロペシア同様、前立腺肥大症の治療に使われますが、頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)量を減少させる効果があり、脱毛を防いで育毛を助けるためのジヒドロテストステロン(DHT)抑制薬になることでも有名です。アボダートは1型及び2型、そして両方の5α還元酵素抑制作用を持つため、プロペシア等のフィナステリド系に比べて強力な効果が得られます。

製薬名 : アボダート 0.5mg / Avodart 0.5mg
成分名 : デュタステリド 0.5mg / Dutasteride 0.5mg
内容量 : 30錠1箱からのお取り扱い
製造元 :グラクソ・スミスクライン / GlaxoSmithKline

アボダート 0.5mgの飲む効果・効能

アボダートは元々は前立腺肥大症治療薬として日本でいう厚生労働省のFDAに認可されています。アボダートは、良性前立腺肥大の治療に使用されるアンドロゲンホルモン抑制剤です。成分であるデュタステリドは良性の前立腺肥大や脱毛症の大きな要因になるDHTホルモンの抑制に働きかけます。研究によると、同様の作用をもつという「フィナステリド」(プロペシア、プロスカーの主成分)より高く薄毛原因のDHTホルモン抑制に大きな効果が得られることがわかっています。しかしながら薄毛治療用として認可が得られているのが日本と韓国のみとなっています。アメリカ皮膚学界(AAD)で発表された研究によると、プロペシア、プロスカー等の有効成分「フィナステリド」の使用において、使用量に限らず薄毛原因のDHTホルモンが38%の減少だったのに対し、アボダート等の有効成分「デュタステリド」の使用においては、ディタステリドの場合は0.05mgの使用で27%減少し、0.1mgでは37%の減少、また、0.4mgの使用では54%の減少、2.5mgの使用では82%の減少を示したとされています。
1日に0.5mgの使用で1~2週間の間にDHTホルモンの抑制率が90%という高い結果がでています。デュタステリドの服用は継続することが重要だといわれています。 

アボダートのフィンペシアとの効果の違い

アボダートの成分デュタステリドと、フィンペシアなどの成分フィナステリドの効能は基本的んは同じで、テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5α還元酵素の働きを抑えることにより、DHTの濃度を低下させます。
ですが、アボダートとフィンペシアの決定的な違いは、「5α還元酵素のⅡ型」のみを阻害するフィナステリドに対して、デュタステリドは「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の両方を阻害します。加えて、血中のテストステロンを低下させないため、性機能障害の副作用が少ない薬剤と考えられています。

アボダート 0.5mgの副作用・注意事項に関して

アボダートは女性(特に妊婦)、及び、子供が飲んだり、手に触れないようご注意ください。
*ホルモンに影響することで胎児や子供へ悪影響が考えられています。
皮膚に発疹やかゆみがでたり、勃起不全などの性行為に支障がなどの副作用が生じる可能性があります。

アボダート 0.5mgの服用方法

アボダートを脱毛症の治療で服用する場合は1日1回、1錠(0.5mg)~5錠(2.5mg)を水で服用します。前立腺肥大症の治療では1日1回1錠を服用します。服用を継続する事が重要ですので、飲み忘れのないようにしてください。食前・食後は問いませんが、規則正しく24時間毎に服用し、継続することが望まれます。アボダートはカプセルタイプですので分割には適しておりません。(参照:お薬(錠剤)を分割しても良いのでしょうか?
アボダートの増毛効果はゆっくり現れるため、3ヶ月後には抜け毛の減少と共に毛髪の増加に気付き始めます。前立腺肥大症の方には、肥大した前立腺を縮小し排尿障害を防ぎます。脱毛症で服用する場合は、効果が現れる最初の数ヶ月は多め(3~5錠)に服用し、効果を感じ始めたら1日1錠へ減量するとコストもかからず効果的です。1日0.5mg(1カプセル)のご使用で1~2週間の間にジヒドロテストテロン化抑制率が90%という高い成果を示す検査結果が出ています。

アボダート 0.5mgの個人輸入・処方に関して

アボダートの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

アボダートは正規のジェネリック品で、日本国内では男性型脱毛症治療薬デュタステリド(商品名:ザガーロカプセル)として処方されています。

アボダート 0.5mgは海外からの発送になりますが、日本国内における海外からの医薬品の輸入は一部制限を除いて基本的に自由に行えます。 しかしながら、発送元の国では政府からの厳しい審査を受けて輸出許可を得ていますので、信頼がおける個人輸入代行でしたら問題なく安全にアボダート 0.5mgを輸入できるはずです。

個人輸入代行に関しましては、「三越屋(みつこしや)」が責任をもって正規品を、お客様のプライバシーも考慮した配送方法を選択しております。

コメント

  1. Adc より:

    継続して服用しています。抜け毛の量は一定に抑えられているので、効いているのだなと感じています。配送に関しても、問題はなかったと思います。値段が正規のザカーロに比べれば、だいぶ費用が抑えられることが購入の理由です。今回も無事に届きました。箱が傷ついているということもなかったです。これからも、使い続けようと思っています

  2. おっさん より:

    いつもこちらで類似商品を購入していましたが、値段もそんなに変わらないのでこちらを購入してみました。
    使用し始めて4ヶ月ほどですが、今のところ副作用なども特にありません。これからもリピートしていきたいと思っております。

  3. ぴす より:

    信頼のGSK、初めは海外製という事で少し不安でしたが、今では安心してリピート購入しています。アボダートも、国内ではアボルブとしてGSK社から発売されている前立腺肥大治療薬と同成分です。飲み始める前と比べたら抜け方もかなり抑えられている気がします。。価格も安いのでとても助かります。これからも継続するつもりです。

  4. アボアボアボ より:

    ミノタブ(ノキシジル)といっしょに飲んでます。飲んで4か月ですが、確かにハゲたデコから発毛してきました。副作用はムダ毛も増えた?成長が早くなった?気がしますね。いずれにしろ毛が生えるのは確実に生えますね。カプセルタイプのデュタステリドに期待をしてこれから服用していきます。

  5. ふく より:

    フィナステリドに加えて、週1頻度で効果があったとの記事があり試してみたかったので購入しました。友達と試して使ったのですが、抜け毛が減り、髪の毛もふさふささんがでできた。
    またこの商品を使ってふさふさになっていきたいと思います。また購入します。

  6. バルス より:

    フィナステリドからデュタステリドに切り替えるためにこちらのアボダートを購入しました。
    副作用の発現率や治験と承認の歴史などからフィナステリドよりもややリスクが高いイメージでしたので、こちらのアボダートを試してみることにしました。
    思った通り私には少し強いお薬ですが、産毛がびっしりと生えてきました。コストパフォーマンスは高いと思います。

タイトルとURLをコピーしました