オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)

感染症(コロナ)
メガリス10㎎はこちら

ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)とは?

ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)は、ヨウ素の補充を目的としたサプリメントです。32.5mg中に25mgのヨウ素が含まれています。 1日に必要なヨウ素の約200倍(0.15mg/日)の容量です。ヨウ素は特別な栄養素ではありませんが不足することで健康に支障をきたす恐れがあります。
また、原発からの放射能を浴びることでの病気や障害を回避することができる、または必須の栄養素とされています。原子力発電所等は、事故が発生した場合、放射性ヨウ素を含む核分裂生成物を環境中へ放出することがあります。核分裂生成物のうち放射性ヨウ素が、呼吸や飲食品を通じて人体に取り込まれると、甲状腺に集積し、放射線被ばくの影響により数年~数十年後に甲状腺がん等を発生させる可能性があります。

原発などからの甲状腺被ばくは、安定ヨウ素剤を事前に服用することによりも低減することができます。 また、放射性ヨウ素が体内に取り込まれた後に安定ヨウ素剤を服用しても効果は極めて小さくなるため、そのためにもヨウ化カリウムは使用されています。
口に入れるサプリメントは、実績のある会社のものを使用したいと思う方が多いのではないでしょうか。他のサプリメント製造会社と同じように、安全性に十分配慮して製造されています。

製薬名 : ヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤)
成分名 : ヨウ化カリウム (Potassium Iodide) 32.5mg
内容量 : 120錠1箱からのお取り扱い
製造元 :Tiofarma (ティオ・ファーマ)

ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)でヨウ素補充の効果・効能

  • 甲状腺腫(甲状腺機能亢進症を伴うもの)
  • 下記疾患に伴う喀痰喀出困難 慢性気管支炎、喘息
  • 第三期梅毒
  • 放射性ヨウ素による甲状腺の内部被曝の予防・低減

ヨウ化カリウムの有用成分はヨウ素です。ヨウ素が欠乏した場合、胎児に重大な神経発達障害や発育遅延を引き起こす恐れがあります。妊娠中は各栄養素の必要量が増えるため、ヨウ素欠乏に注意が必要です。また、大豆やキャベツ、カリフラワーなどはヨウ素の取り込みを阻害する甲状腺腫誘発物質を含むため、ヨウ素欠乏のリスクが高いとされています。

ヨウ素は、身体の中で甲状腺ホルモンの材料となります。そのため、ヨウ素が不足すると甲状腺ホルモンが不足し、身体の健康がおびやかされます。ヨウ素を余分に摂取した場合、尿中に排泄されます。この仕組みを利用して、原爆事故などで放射性ヨウ素が身体に取り込まれても速やかに排泄されるよう、被爆後すぐに安定ヨウ素剤を摂取する方法が医療機関で用いられています。

ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)のヨウ素補充の副作用に関して

ヨウ化カリウムの副作用は稀な症状ですが、胃痛や吐き気、下痢、血便などの胃腸症状や口内の灼熱感、金属の味がする、歯肉の痛み、発疹、頭痛、息切れ、甲状腺機能低下症、高カリウム血症などが想定されています。 副作用の派生は稀ではありますが、不調を感じた場合は早めに医師に相談しましょう。 また、ヨウ化カリウムの大量に摂取し過ぎますと、ヨウ素中毒やヨウ素悪液質などの副作用が現れる可能性があります。ヨウ化カリウムは、1錠あたりの含有量が1日の必要量を大きく超えているため、常に飲むことがないようにしてください。

ヨウ化カリウム(Potassium Iodide)のヨウ素服用方法

・大人: 1日1-4錠を目安にお摂りください。 ・4-12歳: 1日1-2錠を目安にお摂りください。 ・1-3歳: 医師にご相談ください。 甲状腺での高レベルのヨウ化物を維持する必要があるときは、最大の投与量を適用してください。 何れも短期間の使用とし、10日以上継続使用する場合は医師にご相談ください。 ヨウ化カリウムは医療機関で処方されのと同じものですが、製造メーカー、錠剤タイプによって1錠あたりの成分量などが異なります、製品ごとに服用方法、量などの確認が必要です。

  • 被爆量によって用法用量が異なります。一般的に、3~7日飲み続けますが、これも医師の指示に従うことが大切です。
  • 飲むタイミングに指定はありませんが、食事のすぐ後に飲むと吸収が低下する可能性があり、空腹時に飲んだ場合も胃腸への負担が懸念されます。そのため、食後30分程度のタイミングで飲むことがおすすめです。また、牛乳や制酸剤を一緒に摂ることで、胃腸への負担を軽減できます。

ヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤)のヨウ素の個人輸入・処方に関して

ヨウ化カリウムの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

ヨウ化カリウムは海外からの発送になりますが、日本国内における海外からの医薬品の輸入は一部制限を除いて基本的に自由に行えます。 しかしながら、発送元の国では政府からの厳しい審査を受けて輸出許可を得ていますので、信頼がおける個人輸入代行でしたら問題なく安全にヨウ化カリウムを輸入できるはずです。

個人輸入代行に関しましては、「三越屋(みつこしや)」が責任をもって正規品を、お客様のプライバシーも考慮した配送方法を選択しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました