オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

ニゾニド (Nizonide) 500mg

感染症(コロナ)
メガリス5mgはこちら

ニゾニド(ニタゾキサニド)とは?

アリニア(Alinia:国内未承認)と同じ有効成分がニタゾキサニド(Nitazoxanide) でウィルス、寄生虫などの駆除薬として利用されてきました。途上国では広く利用されていたところ、ここにきてコロナ(SARS-CoV-2)の治療薬としても注目されています。臨床的に承認され海外では市販もされている抗寄生虫薬であるニゾニド(ニタゾキサニド)は、コロナウイルス、インフルエンザウイルス、B型およびC型肝炎ウイルスを含む幅広い抗ウイルス活性を持っていることがわかっています。このニゾニドはイベルメクチンの代用品(併用薬)としてコロナの治療薬としてFLCCCからも推奨されています。
*FLCCCはニゾニドなどの安価なジェネリックのため、あまり表立って推奨されないニゾニドやイベルメクチンをコロナ治療薬としての利用方法について説明している。

製薬名 : ニゾニド 500mg / Nizonide 500mg
成分名 : ニタゾキサニド / Nitazoxanide
内容量 : 60錠1箱からのお取り扱い
製造元 : ルピン社/ Lupin

ニゾニド(ニタゾキサニド)の効果・効能

国内でニゾニドを使用される機会は非常に少ないのですが、昨年より国内でもニゾニドの購入者が急増しています。これはコロナ治療および予防薬として「保険」として購入されているようです。 また、イベルメクチンと併用する治療方法も推奨されています。 また、B型、C型肝炎にも効果があるとされています。

コロナ(SARS-CoV-2)の治療・予防

2019年12月に中国中部の武漢市で未知の病原体によって引き起こされた新種の肺炎の数例の報告が報告された時、国際的な懸念はほとんどありませんでした。しかし、数週間後、81人の死亡となる約3000件の症例が既に中国内では記録されていました。この病気はアジアの他の地域だけでなくヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリアにも広がっていきました。
世界中の人々の命だけでなく生活、経済に影響を与え続けているコロナ(SARS-CoV-2)ですが、正直なところ何が正しいのか分からないのではないでしょうか。
メディアが発信する情報は利害関係者により情報が捻じ曲げられている事が、少しカンが良い人だったら気づくでしょう。このニゾニドのようなジェネリック薬品がコロナに有効だとしてFacebookやTwitterなどが知られるようなったが、WHOを初め権威ある機関からも使用をしないようにと、ネガティブな情報の発信がありました。
そして、2022年時点では既に多くの研究結果や論文より効果がある事の根拠が出ている状態です。イベルメクチンに関しては日本国内でもコロナ治療薬として申請がされている状態です。

イベルメクチンもニゾニドにしてもコロナの影響で少々高額で取引をされていますが、実際に日本国内で承認がされれば、非常に低価格(薬価)で流通することになります。

ニゾニド(ニタゾキサニド)の副作用、注意事項に関して

腹痛、下痢、吐き気、嘔吐などの消化器症状が頻度の高い副作用として知られています。
特に腹痛や下痢の副作用が高めで1割くらいの人に出るとされています。

また、アレルギーをお持ちの人はニゾニドのご利用は医師や薬剤師にご相談ください。

このニゾニドはイベルメクチンの代用品又は併用薬であり、まず容易に入手が出来るコロナの治療薬、予防薬としては、まずはイベルメクチンの入手し併せてニゾニドの入手を進めるべきです。

イベルスマート(ニゾニド(ニタゾキサニド))の服用方法

コロナ治療薬として利用方法:
ニゾニド500㎎/錠を 1日2回を5日間、食後に投与イベルメクチンとの併用(推奨)、またはイベルメクチンが入手できない場合に代用する(ニタゾキサニドは入手できないか、高価な場合が多い)。

クリプトスポリジウム症、ジアルジア症への服用方法:
ニゾニド500mg/錠を12時間ごとに3日間定期的に食事と一緒に摂取します。
毎日ほぼ同じような時間に服用してください。状態が改善しても途中で服用を止めたりしないでください。

ニゾニド錠剤は12歳未満の子供には投与しないでください。また、妊婦の人の利用も医師にや薬剤師にご相談ください。

ニゾニド(ニタゾキサニド)の個人輸入・処方

ニゾニドの成分であるニタゾキサニドは国内では未承認となっています。ですがニゾニドの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。自己責任にはなりますが、

ニゾニドは海外からの発送になりますが、日本国内における海外からの医薬品の輸入は一部制限を除いて基本的に自由に行えます。 しかしながら、発送元の国では政府からの厳しい審査を受けて輸出許可を得ていますので、信頼がおける個人輸入代行でしたら問題なく安全にイベルスマートを輸入できるはずです。

個人輸入代行に関しましては、「三越屋(みつこしや)」が責任をもって正規品を、お客様のプライバシーも考慮した配送方法を選択しております。 メガリス5mgはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました