オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

バスピン10mg

メンタル
バスピン はこちら

バスピン10mg とは?

バスピン10㎎は精神安定薬としてだけでなく睡眠薬としても利用できる安全性の高い薬です

  • セロトニンの分泌を促すことで不安障害やうつ症状を改善します
  • 睡眠薬として利用することもできます
  • 比較的副作用が少ないため利用しやすい薬です

脳内の神経伝達物質を安定させることで、その他の神経伝達物質であるドーパミンノルアドレナリンなどの働きを高めることができ、不安や心配といった気持ちを軽減させてい、入眠障害の改善も期待できます。

製薬名 : バスピン10mg / Buspin 10mg
成分名 : 塩酸ブスピロン / Buspirone hydrochloride
内容量 : 100個1箱からのお取り扱い
製造元 : インタス・ファーマ / Intas Pharma

バスピン10mgにおける効果・効能

バスピン10mgの有効成分のブスピロンは、セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬とされ、抗うつ作用に関連する受容体のみを選択的に活性化させます。安全性が高く副作用が比較的少ない薬として知られています。乱用、依存、耐性、退薬症状が現れません。シナプスにおけるセロトニンの再吸収に働きかけることで、うつ症状、病気としての不安の改善に作用します。
バスピン10mgはセロトニン5-HT1A受容体に作用するため、特に抗不安作用に優れています。軽い不安障害から中程度の不安障害までの方を対象に、短期間の処方で用いられることが多いです。
ノルアドレナリンやドーパミンは、それぞれストレスに負けないように働いたり喜びや快楽を感じさせたりといった役目があります。
しかし、この2つの物質が過剰に働き過ぎてしまうと、気分にムラができてしまいヒステリーになったり他者へ攻撃的になってしまいます。

しかし、不安障害やうつ病、不眠に陥っている人はセロトニンが不足しているといわれています。
そのためノルアドレナリンやドーパミンの暴走を制御できず、自律神経のバランスが取れなくなってしまうのです。そこでバスピン10mgを服用することで、徐々に脳内にあるホルモンや物質のバランスを整えて、極度に感じている緊張や不安、焦燥感などを改善しまので日常生活で常に不安を抱えている方や、ストレスや緊張に弱い方、不安で夜眠れない方などの不安障害に適した薬と言えます。

バスピン10mgの服用方法に関して

10~15mgを1日2~3回にわけて、水またはぬるま湯で服用して下さい。効果が出るまで、2~3日間隔で5mgずつ量を増やします。効果の発現が遅いタイプの薬ですので、安定して効果が出るまでに2週間程度かかるとされています。1日の最大服用量は60mgとなっているので、それ以上の服用は避けるようにしてください。

睡眠薬として服用する場合、就寝前に服用します。
ただし、食後にバスピンを服用すると効果が弱くなることがあるため、食後十分に時間を空けてか服用いただくと、睡眠効果を高くご利用いただけます。

バスピン10mgの副作用・注意事項に関して

バスピンの一般に言われる副作用は下記の通りです。
めまい、吐き気、虚弱頭痛、視覚障害、不眠、腹痛など。

バスピン10mgの個人輸入・処方に関して

バスピン10㎎の日本国内では未承認となっておりますので入手は一般的には海外通販(個人輸入)での入手となります。バスピンは医師の診察、処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。 バスピンは海外からの発送になりますが、日本国内における海外からの医薬品の輸入は一部制限を除いて基本的に自由に行えます。 しかしながら、発送元の国では政府からの厳しい審査を受けて輸出許可を得ていますので、信頼がおける個人輸入代行でしたら問題なく安全にバスピン を輸入できるはずです。

個人輸入代行に関しましては、「三越屋(みつこしや)」が責任をもって正規品を、お客様のプライバシーも考慮した配送方法を選択しております。

バスピン10mgが選択される理由

・精神不安定な方は、ドーパミンノルアドレナリンの物質が過剰に働き過ぎてしまうと、気分にムラができてしまいヒステリーになったり他者へ攻撃的になってしまいます。
バスピンを服用することで、徐々に脳内にあるホルモンや物質のバランスを整えて、極度に感じている緊張や不安、焦燥感などを改善します。

・バスピンは、主に不安障害や不眠症症状に適応でき、非ベンゾジアゼピンに該当するバスパーのジェネリックです。従来の不安薬や睡眠薬は「副作用や依存性が怖い」といったイメージがつきものですが、バスピン(非ベンゾジアゼピン)はそのリスクがかなり軽減されています。

・デパスとの代用品として使用される。
バスピンは、海外通販でも購入できなくなった「デパス」と作用が似ているといわれ、安価な通販購入が出来るモノとして選択される人が増えています。
「デパス」同様に「バスピン」はセロトニンの働きを高めて、気分を穏やかにする作用があることから抗不安薬や睡眠薬として使用されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました