オオサカ道の海外医薬品は正規品のみ取り扱いをしております。
定期的に成分検査をすることで発送元の信頼性を確認することでオオサカ道は皆様のご健康を守ることを約束致します。

ウィノラップ5mg

その他
ウィノラップ5 はこちら

ウィノラップ5mgとは?

ウィノラップはアレロックの正規ジェネリックで海外大手製薬会社のサンファーマ社から提供されています。抗ヒスタミン作用(体内物質ヒスタミンの働きを抑える作用)によりアレルギー反応を抑えることでアレルギー性鼻炎,蕁麻疹、花粉症、喘息などによる、皮膚の腫れや痒み、鼻炎(くしゃみや鼻みずなど)、咳などの症状を改善する薬です。

ウィノラップは国内では未承認ですので入手は個人輸入(通販)でのみ可能です。

製薬名 : ウィノラップ5 5mg/ Winolap5 5mg
成分名 : オロパタジン / Olopatadine
内容量 : 100個1箱からのお取り扱い
製造元 : サンファーマ社 / Sun Pharma

ウィノラップ5㎎における効果・効能

ウィノラップ5の主成分であるオロパタジンは花粉症などのアレルギー反応を引き起こす、ヒスタミンとH1受容体が結びつくことを阻害する作用によって、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和・抑制します。

ウィノラップ5が第2世代の抗ヒスタミン薬と称されるのは、第1世代の抗ヒスタミン薬と比べて即効性があり、接続時間が長く、脳へ作用することで起こる眠気なども抑えることができます。

ウィノラップ5㎎の服用方法に関して

花粉症などのアレルギー症状は、放っておくと、重症化・慢性化することがあります。ウィノラップ5は、花粉が飛散する直前から定期的な服用を開始ししておくと花粉の飛散時期での効果が高く、お勧めされている服用方法です。早めに早めの服用がより効果的です。

成人:通常、成人には1回オロパタジン塩酸塩として5mgを朝及び就寝前の1日2回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

小児:通常、7歳以上の小児には1回オロパタジン塩酸塩として5mgを朝及び就寝前の1日2回経口投与する。

食事、アルコールなどは基本的に影響がありません。


朝の分の飲み忘れを昼ごろまでに気付いた場合には、できるだけ早く1回分を飲んでください。

ウィノラップ5㎎の副作用・注意事項に関して

主な副作用には、発疹、眠気、腹痛などがあげられます。

頻度不明の重大な副作用として、アファフィラキシー、肝機能障害、黄疸などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

・眠気がおこることがありますので、自動車の運転や機械の操作には注意しましょう。

ウィノラップ5㎎の個人輸入・処方に関して

ウィノラップ5㎎の日本国内では未承認となっておりますので入手は一般的には海外通販(個人輸入)での入手となります。ウィノラップ5は医師の診察、処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。 ウィノラップ5は海外からの発送になりますが、日本国内における海外からの医薬品の輸入は一部制限を除いて基本的に自由に行えます。 しかしながら、発送元の国では政府からの厳しい審査を受けて輸出許可を得ていますので、信頼がおける個人輸入代行でしたら問題なく安全にウィノラップ5 を輸入できるはずです。

個人輸入代行に関しましては、「三越屋(みつこしや)」が責任をもって正規品を、お客様のプライバシーも考慮した配送方法を選択しております

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました